不眠の改善にセロトニンが効果的な理由とは?

人間である私たちは昼間活動し、夜になると自然に眠くなり睡眠を欲求する状態になります。
これは、私たちの脳の中であるホルモンが分泌されるからです。
このホルモンはメラトニンで、メラトニンの元になるのがセロトニンであるということがわかっています。
不眠で悩む人はこのセロトニンが不足していることが考えられます。
私たちの身体は、おひさまが出ている日中に学業や仕事など、しっかり活動を行うことでセロトニンが活発に作られるようになっています。
このセロトニンがきちんと作られないとメラトニンも分泌されず、その結果不眠ということになってしまいます。
不眠に悩まない為には、日中しかっりと本来の活動を行い、充分なセロトニンを作り出すことです。
もちろん過度のストレスでもセロトニンは減少しますので、注意が必要。

 

不眠に悩んでいる場合も安易に睡眠薬には頼らず、早起きして運動をするなど、できるだけセロトニンを出すような生活習慣作りも大切です。
健康や美容の為にも質のいい睡眠は大事なもの。
昼間のうちにたくさん体を動かし、セロトニンを活発にし、夜のメラトニン分泌に備えましょう。
メラトニンは暗くなってから分泌されるので、夜更かしは禁物です。
生活が乱れている人はできるだけ改善し、良質の睡眠をとるように心がけましょう。
身体のためによい眠りというのはただ眠ればいいというものではありません。
疲れが取り切れず、身体の中に活性酸素が蓄積されてしまいます。
病気の原因にもなる活性酸素。
健康維持のためにも、セロトニンをしっかり作り出せるような規則正しい生活を実行することです。


このページの先頭へ戻る