セロトニンが幸せホルモンと言われる理由

セロトニンといえば、一般にとく知られた、人間の脳内から出ている、神経伝達物質のことであり、この免疫システムのお陰で、自分達の体が守られ、健康を維持しながら過すことができるのです。人間の体の中には、誰でも免疫システムが備わっており、特に自分が命令を下さなくても、自動的に、外敵から身を守ってくれるような、特殊な働きをしてくれます。セロトニンというものは、普段本人が日常を過ごす過程で、楽しくてウキウキしたり、ハッピーで幸せな気分を味わっている時に、脳内から、その物質が自動的に出ることで、体への免疫体制が良くなります。反対に、日頃から何かしらの強いストレスを、日々感じながら過していれば、結局、セロトニンが出る理由もなく、そのままストレスを受けてしまうことで、その結果を、自分で招くことになってしまいます。それは脳内で起こっていることなので、自分で止めようとしても無駄なことであり、方法も無いのです。従って、毎日を健康で過したいと思うのであれば、仮に、多少のストレスがあったとしても、自分なりに、快感を得るような過し方が望まれるのです。セロトニンという物質は、正に、人間の各自が持っている、感情に働きかけるといった、微妙な関係でもあります。そういった各自の脳内で、自動的に行ってくれる、システムを知ることにより、上手に脳内から伝達物質を出すような、健康に良い生活へと、変えていくことが必要になってきます。


このページの先頭へ戻る