セロトニンを増やすと話題のマインドガードDX飲んでみた

年齢が上がるほど悩む人が増えると言われる不眠。その原因はセロトニン不足にあります。スムーズに眠るためにはリラックスする必要がありますが、神経伝達物質であるセロトニンはリラックスには欠かせないものなのです。また、セロトニンが不足するとリラックスできないだけでなく、夜に眠り朝目覚めるという睡眠サイクルも乱れてしまいます。そのため、よく眠れない、すぐに目が覚めてしまう、という悩みのある人は、セロトニンを増やす必要があるのです。
セロトニンを増やすには、その材料となるトリプトファンを摂るのが有効ですが、食品からはなかなか必要量を摂りきることができません。そこでおすすめなのがマインドガードDXです。マインドガードDXには、セロトニンを増やすトリプトファンなどのアミノ酸や、ビタミン・ミネラルが豊富に含まれています。また、南ポリネシアで2000年も前から休息ハーブとして用いられてきた天然のノニ(モリンダシトフォリア)もたっぷり使われています。さらに沖縄では「眠り草」と言われ昔から親しまれ、グリシンの100倍の休息パワーがあると言われる伝統ハーブ・クワンソウや、休息サイクルをサポートするポリフェノールの一種・レスベラトロールも豊富に配合。ドリンクタイプにすることで有効成分の吸収力を高めているので、確かな効果を実感することができます。ノニ配合でありながら味もおいしく仕上げられており、飲みやすく続けやすいマインドガードDXは、質の良い休息を強力にサポートしてくれます。


このページの先頭へ戻る