セロトニンはトリプトファンとビタミンB6が合成されてできる脳内物質です

セロトニンは、人間の精神面に大きな影響を与える脳内物質です。不足すると、精神のバランスが崩れてしまい凶暴になったり、思考が難しくなったりうつ病を発症しやすくなります。
セロトニンは、トリプトファンとビタミンB6が体内で合成されてできる脳内物質です。
トリプトファンは体内で作られませんので、食べ物から摂取する必要があります。そのため、毎日の食事で摂取するように心掛けることが大切です。
トリプトファンが豊富に含まれる食品は、鰹や鮪などの赤身の魚と牛肉や豚肉などの肉類と、チーズや牛乳などの乳製品や豆腐などの大豆製品です。
ビタミンB6が豊富に含まれる食品は、赤身の魚や肉類やレバーや豆類や卵やバナナなどです。
また、トリプトファンとビタミンB6を合成してセロトニンを作り出すためには、鉄分も必要です。
鉄分は、ダイエットによる食事制限によって栄養が偏ってしまった人や、月経などによる出血する女性などが不足しやすい栄養素です。そのため、鉄分を多く含む食品である赤身の肉や魚やレバーなどを意識して摂取するのが賢明です。
他にも、生活習慣を改善することもセロトニンを増やすことに繋がります。
セロトニンは、太陽の光を浴びることで活発に分泌されます。そのため、朝起きてすぐに太陽の光を浴びましょう。昼夜逆転の生活を送っていると、セロトニンの分泌がうまくいかなくなります。
一定のリズムで運動をするとセロトニンが活性化されますので、昼間に反復運動をすると良いでしょう。適度な運動はストレス解消にもなりますし、ダイエットにもなるため体にも良い影響を与えます。食事の時の噛む動作も活性化に繋がりますので、よく噛んで食べましょう。


このページの先頭へ戻る