セロトニンの増えすぎによるセロトニン症候群とは?

憂鬱な気分になったり、夜よく眠れないときには、精神科や心療内科を受診して治療を受けることになりますが、
服用する薬の量が多すぎると、セロトニン症候群という症状を引き起こす場合もあるのです。

 

憂鬱感や不眠などの症状は、脳内の神経伝達物質のバランスが崩れることにより引き起こりますので、クリニックに通った時、これらの症状を改善させるため、セロトニンの働きを良くする
SSRIやSNRIといった抗鬱作用のある薬を処方されることになります。

 

これらの薬は、憂鬱感などに高い効果を発揮しますし、以前の抗鬱剤と比べると安全性も高いといわれています。

 

ただ、それぞれの方の状況や体質を注意深く見ながら処方しないと、セロトニン症候群といって怖い副作用も起こってくる場合もあるのです。

 

セロトニン症候群では、めまいや頭痛、吐き気の他に筋肉のけいれんや硬直など様々な症状が表れます。
早い段階で症状を引き起こしている薬を中止したり、症状を緩和させる薬を飲めば悪化することはないのですが、適切な処置を行わないと重篤な症状も引き起こします。

 

セロトニン症候群を防ぐためには、知識や経験の確かな医師の言いつけを守りながら薬を服用することと、体を動かしたり規則正しい生活を心がけるなど、過度に薬に頼らない生活に
改善することが大切です。


このページの先頭へ戻る