セロトニンとは現代社会においては必要な物質です

現代社会はストレスが多くあり、常にイライラしている状態という人も珍しくありません。
ただ、ストレス過多の状態が続くと体に悪影響が出てくるものです。精神的に疲れてしまうとうつ病などになってしまう可能性があります。人によって原因は様々ですが、もしかするとセロトニン不足が原因かもしれません。
セロトニンとは、脳内にある物質の一つで精神を安定させてくれる物質といえます。セロトニンが不足した状態になると、やる気や集中力の低下、または精神的症状を発症しやすくなります。かといって、セロトニンが大量に出すぎるとそれはそれで悪影響を及ぼします。
つまり、セロトニンとは、少なすぎても多すぎても駄目です。適切な量が出ていることが最適といえます。現代では、セロトニンは不足しがちといわれています。
なぜ、セロトニンが不足しやすいのかといえば、一つは日光を浴びていないことがあげられます。セロトニンは昼間が一番おおく分泌されて夜は少なくなる傾向があります。朝起きて、日光を浴びるという習慣がないとセロトニンが分泌されにくくなります。
また、不規則な生活もセロトニンにはよくありません。睡眠不足の状態になってしまうと、正常にセロトニンが分泌されなくなりセロトニン不足になってしまう可能性が高いです。
セロトニンとは、規則正しい生活をすれば問題なく分泌されます。
日ごろからイライラしてしまったり、ひどくやる気がなくなっていることが多いならばセロトニンが足りていない可能性があります。
生活習慣を一度見直してみることも必要です。


このページの先頭へ戻る