不足するとうつを発症する恐れのあるセロトニン

セロトニンはノルアドレナリンやドーパミンと並ぶ三大神経伝達物質の一つで、心身の安定や精神的安らぎをもたらすことから「幸せホルモン」とも呼ばれています。「怒りのホルモン」と言われるノルアドレナリン、「快楽ホルモン」と言われるドーパミンの暴走を抑え、精神のバランスを整える作用を持っています。このためセロトニンが不足すると精神の安定が失われ、暴力的な行動を取ったり、うつを発症すると言われています。
セロトニンは人体中に約10r程度含まれ、そのうち90%が小腸のクロム親和細胞に、8%が血小板に、2%が脳内の中枢神経に存在しています。小腸内では消化管の働きに作用していると考えられ、近年増加している過敏性腸症候群(IBS)にもセロトニンが関連していると推定されています。血小板に含まれるものは血液と共に全身を巡り、止血作用や血管の収縮作用に関わっています。脳内にあるものは精神面に大きな影響を与え、不足するとうつなどの精神疾患を発症します。また抗うつ薬の多量摂取などで体内濃度が高まると、頭痛、めまい、嘔吐などの軽い症状から昏睡、死亡に至る恐れのあるセロトニン症候群といわれる中毒症状が現れます。
セロトニンはトリプトファンを材料として体内で作られます。しかしトリプトファンは必須アミノ酸の一種で、人体内では合成することができません。そのため、肉や魚、大豆などの蛋白質を摂取する必要があり、適切な食事が重要になります。その他日光に当たる事や適度な運動を含めた規則正しい生活がセロトニンを増やすポイントとなっています。


このページの先頭へ戻る